透析を休んだら、どうなる?それぞれの看取り【終末期】

透析 終わり 死 看取り 介護 糖尿病 腎不全 多臓器不全

こんにちは、カムさんです。

実は、ここ一週間祖母が透析を休んでいます。

ただただリアルなレポートなので、もし透析を休んだらどうなるの?という疑問が解消されるかは分からないのですが

記録のために残していこうと思います。

透析を休むことになった経緯

祖母は、もうここ一年寝たきりの状態です。

意思疎通はできるけれど、夢と現の間を行ったり来たりしています。

ここ1ヶ月はもう自分ではご飯が食べられなくなり、透析に行くための車椅子への移乗も難しくなっていました。

それに加えて、本人が周りに訴えるのです。

透析は行きたいくない。痛い。辛い。

と。

そんな祖母を担いでまで透析に行くべきなのか、家族は考えました。

しかし、透析に行かないということは、そのまま死に直結します。

お医者さんの話は、

早い人で3回透析を休んだところで亡くなる方もいます。血液検査の数値もあまりよくないですし、何より本人がご高齢なので、なんとか透析が受けられるといいのですが…

というものでした。

しかし、なにせ本人が透析に行きたがらないので困っています。

透析の前にはヘルパーさんが清拭に来て下さるのですが、

祖母は「助けてくれ〜!殺される〜!やめろ〜!」と大きな声を出すのです。

ヘルパーさんが来ると、透析に行かされるから。そんなことも言っています。

そうまでして…家族は何が正解なのか分からなくなっています。

お医者さんや看護師さんを交えて、父が相談に行ったそうです。

そこでの回答は

ご家族やご兄弟で相談の上、辞めるかどうか検討してください。本人がしっかりと意思疎通ができるときに、辞めるかどうか聞いてみてください。

もうお年もお年なので、もし辞めたとしても痛い!苦しい!というよりは意識がだんだんとなくなって…という風になるとは思いますが、それも確約できるものではありませんから…。難しいですね…。

とのことでした。

家族兄弟に連絡する

私たちも、ただどうしようか…と見守っているだけではありません。

やはり、人の生き死にが関わってくるので、心情としてはなんとしてでも透析に連れて行ってあげて!という訴えも理解できます。

しかし、本人を連れ出すのも相当な苦労なのです。しかも二日に一回。

そこで、祖母の子どもたちや兄弟にも連絡し、現状を確認してもらいました。

介護世代は理解を示す

祖母の子どもたちは今全員が60歳以上。

皆、結婚し、家を出ています。

その家を出た先でも介護問題がかなりあるようで、

ただ生きていてというには自分たちには責任が持てない。お世話をする家族に委ねたい。

とのことでした。

しかし、祖母の兄弟となるとまた話が違うようで、もう意識のない祖母ですが

出来る限りのことはしてやって欲しい!とにかく次回の透析には連れて行ってくれ!

と言われました。

どちらの意見も理解できます。理解できる分、悩みも大きくなるのです。

 

 

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です