透析室ってどんな雰囲気?

こんにちは!カムさんです。

昨日まで、祖母の透析を休んだお話などちょっと深刻な話が続いていたので

今日はライトなお話を。

透析室の雰囲気ってどんな感じ?という内容です。

気分は学生!?透析前の過ごし方

我が家は父と祖母の二人が透析に通っているのですが

午前中の診察が入ると二人のスケジュールが別々になり、家族である私や母が付き添いで送ることがあります。

その際に感じた、透析室の雰囲気をご紹介します。

父と祖母のスケジュール
火木土の週3回

総合病院の透析室に通院

一回に受ける人数はだいたい20人程度

待合室の雰囲気

待合室では、2日に一度会うことからだいぶ仲の良い雰囲気が伝わってきます。

名前も住んでいる場所も共有し、透析患者だけでなく付添の人同士が会話していることも。

田舎ならではの光景なのか、とにかくわきあいあいまるで学生時代の教室のようです。

メンバーも入れ替わりが多いわけでもないので、一人率先して明るく喋ってくださる方がいるので

待合室の雰囲気がグッと明るくなっているようです。

ところ変われば雰囲気も変わる

父は、別件で違う病院に入院した際にも透析を受けていました。

『透析室の雰囲気って違うの?』と私が尋ねると

違うな〜ここは静かなもんだよ。入院中もカーテンなんて開けないし。誰も話ししてないな。

とのことでした。

場所によっても雰囲気が違うんですね。

でも、看護師さんたちとはだいぶ打ち解けるようで、色々と病気の相談をさせていただいているようでした。

まとめ

皆さんの透析室はどんな雰囲気ですか?

長く関わる透析。少しでも過ごしやすく、前向きに取り組みたいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です