対策してる?新型コロナウイルスと透析患者のリアル

新型コロナウイルス 透析 血液透析

こんにちは!カムさんです。

ここ数ヶ月は寝ても覚めてもコロナの話題ばかり。

一日おきに通院している我が家の透析チームも、人ごとではありません。

今回は、透析患者が二人いる我が家のコロナ事情をご紹介します。

現在どのくらいの透析患者さんがコロナにかかっているの?

日本腎臓学会によると、現在透析患者さんの中で新型コロナに罹患された方は99名。うち16名がお亡くなりになったそう。

透析をしている年齢を考えると、やはり高齢の方が多いので重症化にも繋がりやすいそうです。

その現状を踏まえ、我が家でも透析の日は特に感染予防に努めました。

体温測定

まずは何と言っても体調管理。

透析患者さんは、透析前に

  1. 体重測定
  2. 血圧計測
  3. 体温測定

は欠かさないのですが、コロナ禍でもそのステップは同じです。

特に体温測定はここにきてさらに重要になり“熱っぽいかな?”で済ませてた部分を、より明確に、平熱の範囲をきちんと把握し

必ず発熱していないかの確認をするようにしました。

手洗いうがい

手洗いうがいももちろん基本ですが

透析患者の場合飲み物の制限がされていることが多いです。

こまめな水分補給ができないので、病院の行き帰りには必ず手洗いうがいをすることを徹底しました。

透析施設・病院での感染予防対策は?

透析 入院 血液透析 腹膜透析

もともと感染予防対策には力を入れている透析室なので、コロナ禍でもあまり変化はなかったようです。

ただ、付添人の制限をいつもより厳しくしたり

家族がどのような状況なのかは確認されていたようです。

まさかの診察拒否

家族、の点ですが父の場合には定期検診が見送られることがありました。

その理由は「娘の夫が東京出張があるため」。

そこまでチェックされているの!?と思ったのですが、我が家の主人は単身赴任を含む東京への仕事が多いです。

それを病院が危惧して、父の診察が見送られました。

もう主人とは1ヶ月以上会っていなかったのですが、それでもダメとのこと。

ある意味、そこまで徹底してくれるなら安心…でしょうか?

「透析患者×新型コロナウイルス」まとめ

まず大事なのは、普段の自分の体調を知ること。

免疫機能が低下しやすい透析患者なので、まずいつもと何かが違う、という状態を把握できるようにしましょう!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です