祖母の四十九日が終わりました

祖母が亡くなってから、早いもので一ヶ月以上が経過しました。

コロナ禍での透析、発熱からの入院…そして看取りと、なかなか思うような穏やかな最期とはいかなかったのですが

それでも、亡くなる3日前まで自宅で過ごしきったことは

家族としても心残りのないものとなりました。

その後のお葬式や四十九日も、思ったよりも通常通りの段取りで行われ

感染症対策はしながらも、親類久々に顔を合わせられ

こんな時期ですが、絆を感じられた式となりました。

80代半ばから始めた透析ですが、そこから9年間続けられたことを考えると

ひ孫にも会え、夫を送り、

あの時の決断は祖母にとって正解だったのでは、と思うのです。

こればかりは本人にしか分からないことですが…。

暑い日々が続きます。

みなさんもどうぞご自愛くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です